Medi-EYE(教育用カルテ)製品紹介

Medi-EYEは、看護実習・演習に最適な教育用のオンライン電子カルテです。

リアル

カルテから情報を収集。アセスメントすることで、実臨床と同等の看護過程を体験。 入院日や入院経過日を設定し、リアルな時間経過を再現。

簡単

カルテはインターネット上で作動。専用のソフトウェアインストールは不要。 アカウント登録後すぐに利用可能。カルテシステムは適宜アップデート。

豊富

認定看護師・専門看護師等が作成した架空の患者カルテ。 臨床に近いレベルの情報量を持ち、様々な領域・演習・実習に対応。 模擬事例も随時追加。

自由

Medi-EYEプリセットデータ(Excelシート)のキャプチャ。年月日、観察項目、記事情報など、詳細に設定可能。
ログイン後の管理者画面。専用Excelシートのダウンロードだけでなく、模擬患者ごとに様々な設定が行えます。
「患者情報設定画面」より、入院日等の設定を行います。
実習開始日程に合わせて入院日・経過日を設定(入院◯日目までの情報を開示するという設定が可能)することで、模擬事例の表示日時が自動置換。リアルタイムで模擬患者が入院しているように、よりリアルな代替実習・演習が実現します。
理想の模擬事例に仕上げられるよう、検査結果や画像等の取り込みも可能です。

プリセット模擬事例は、アカウントごとに独自修正・追記可能 。
専用Excelシートをダウンロード・編集しMedi-EYEに取り込むことが可能。
新たな患者データを作成し、追加することも可能。
学習課題の設定もあなた次第。

Medi-EYE導入施設例

都道府県導入施設名
東京東京医療保健大学
上智大学
共立女子大学
国立看護大学校
千葉聖徳大学
埼玉東都大学
京都京都先端科学大学
大阪宝塚大学
藍野大学
岩手盛岡看護医療大学校 
仙台仙台赤門短期大学
山梨帝京山梨看護専門学校
島根島根県立松江高等看護学院
島根県立石見高等看護学院
山口ウエストジャパン看護専門学校
宮崎宮崎大学
福岡帝京大学福岡キャンパス